質屋営業法を知る

質屋営業法を知って、賢く質店を利用する方法をご紹介しています。

様々な質屋情報

質屋営業法を知る

質屋というのは、品物を預かって、お金を融資するところです。

期限内に質料と借りた元金を返済すれば、担保となっている品物は返却されますが、期限が切れた場合、お金を借りた人の所有権はなくなり、質店に所有権が移ります。

質屋営業法というのがあり、都道府県の公安委員会から、質屋営業許可や古物営業許可をもらって営業しています。

最近ではインターネット通販やオークションでの出品もよく目にしますが、みえないところ、実際に店舗がないところなどもあります。

インターネットで中古品を売買するためには、リサイクルのみなので、古物営業許可があればよいのですが、「質」ということになればべつです。

しかも店舗がないということは、ありえないのです。

なぜかというと、質店は、品物を預かってお金を貸すのですが、それを質蔵で、きちんと保管するのです。

お金を借りる時の質料には、利息に保管料がプラスされているわけなのです。

そのために、インターネットで扱われていても品物が安心だし、査定についても、プロの目で査定や鑑定を行っているという安心感があります。

しかし、それを逆手にとってインターネット上で「質」の名をかたる人が増えているのも事実です。

騙されないためにも質屋営業許可番号や古物営業許可番号を確認し、住所、電話番号も調べて、店舗も確認をきちんとしてからの利用が大切です。

最後に、私がよくブランド品を質入れしにいく質屋です。

質屋サンエイ
http://www.3-ei.biz/

須賀質店
http://www.sugashichiya.com/

質入れ後はほぼそのままなのですが、結構高額で買取してくれるので、重宝しております。